リノベーションの考え方

エスアールプラスとは? 新築ともリフォームとも違う、中古住宅のリノベーションという新たな家づくりのカタチ。エスアールプラスは、今あるものに新しい価値をプラスしお客様を笑顔にしてまいります。

『快適な住宅』とは、“いちばん落ち着ける場所”であり、自分の好きなものに囲まれて暮す
“住まい手の価値観の表現の場”であると考えます。
私たちはその“場”をどのようにつくり上げていくことがお客様にとって最善であるかを常に考えて
プランニングし、“憧れの家・くらし”をカタチにすることを心掛けています。

「リノベーション」による家づくりとは?

リフォーム」が新築時の状況に近づけるための修繕的な工事であるのに対し、「リノベーション」は、
今の時代や現在の住まい手のライフスタイルに合わせて、間取りから内装や設備まで刷新することを言います。
数ある中古住宅(ストック)の中から自分のライフスタイルにあった物件を選び、間取りや内装を自由に編集する。
“趣味を活かす暮らし”や“インテリアにこだわる”など、お客様の理想を新築住宅に比べてリーズナブルに
オーダーメイドできる家」なのです。

リフォームとリノベーションの違い

新築住宅とリノベーション物件

住まいを「買う」「つくる」際、考えなければならないことが沢山あります。例えば、夫婦のこと、子どものこと、仕事のこと、趣味のこと、お金のこと…。それにより住みたい場所(土地)や空間(建物)、掛けられるお金(資金計画)が決まってきます。お金が潤沢にあるのであれば、すべての要望をカタチにできるのかも知れません。しかしながら、実際に新築住宅を建てる際、「いろいろなコトを諦めた」という方も少なくありません。

・本当は、あんな間取りが良かった。
・本当は、こんなキッチンにしたかった。
・本当は、内装にこだわり、自然素材を使いたかった。
・本当は、ウッドデッキが欲しかった。等々…

中古住宅なら、同じ地域・同等の広さの新築に比べてリーズナブルに購入できるので、要望を諦めずに実現できる可能性が大きくなります。さらに、実際に建っている建物を見て購入を検討できることも大きなメリット。既存の建物や空間があるので、思い描く暮らしに合わせた間取り・内装・設備のイメージが描きやすく、イメージ通りの空間が叶えられます。加えて採光や通風、眺望、周辺環境、マンションであれば管理状況やコミュニティの様子も確認できるのもうれしい利点です。限られた予算の中で、ライフスタイルを考慮し、「お金の掛けどころ」の調整もできます。リノベーション費用は、物件購入費用と合わせて住宅ローンを組むことも可能です。

リノベーション事例イメージ

このように多くのメリットを持つ「中古住宅のリノベーションによる家づくり」は、
これからの快適な家づくりの大きな流れになるといえるでしょう。